ご挨拶

より質の高い診断や治療を患者さんに提供するために

私たちは、胆道・膵臓の病気の専門的な診断や治療を行うチームです。胆道・膵臓の疾患は診断や治療が難しい領域です。また、膵癌・胆管癌・胆嚢癌は難治癌の代表といわれています。これらの疾患へアプローチするためには、「ERCP」や「PTBD」「EUS」といわれる内視鏡やエコーを用いた手技に加えて、幅広い知識が要求されます。

1992年、治療に難渋する患者さんたちの診療を経験し、「より質の高い診断や治療を患者さんに提供したい」という気持ちからこの胆膵グループを立ち上げました。現在、東大病院には20名を超える医師が胆膵疾患の診療に携わっています。私たちの最大の強みは、総合診療力です。診断、投薬治療、内視鏡、化学療法など様々な専門に特化した医師によるチーム医療を行います。時には診療科や病院の垣根を越え、ひとりひとりの患者さんにとって、最も適切な治療は何かを相談しながら方針を決定していきます。

また、これまでに治療をさせていただいた経験を生かすため、診断や治療の成績を記録・解析しています。これらのデータを基に新しい治療や技術の確立のための取り組みも積極的に行っています。これは「臨床研究」と呼ばれるもので、患者さんに不利益が生じることがないよう、定められた規則を遵守して施行しています。さらには、自分たちが会ったことのない患者さんにも恩恵をもたらすことを目標に「基礎研究」も行っています。

私たちに課せられた使命は、目の前でつらい思いをする患者さんに寄り添い、最善の治療を提供するだけでなく、世界の胆膵診療をリードすることにあります。より多くの大勢の患者さんが質の高い治療を安心して受けられるよう日々努力しています。

中井 陽介

ページの先頭へTOP