内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)

内視鏡(カメラ)を使って、胆道(胆嚢や胆管)・膵管(膵臓の管)に造影剤を注入して、これらの管の状態をレントゲンで見る検査です。近年では、検査のみならず、これを利用した様々な治療が行われています。

内視鏡的逆行性胆道膵管造影とは

内視鏡的逆行性胆道膵管造影とは

内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP :endoscopic retrograde cholangiopancreatography)は、内視鏡(カメラ)を口から入れて食道・胃を通り、十二指腸まで進め、胆管や膵管に直接細いチューブを介して造影剤を注入してレントゲン写真を撮影することで、胆嚢や胆管及び膵管の異常を詳しく調べる検査です。本検査は1970年に開発されて以来、これらの臓器に関する病気の診断と治療に大きな貢献をしてきた標準的な検査法です。エコーやCT・MRIなどでも、これらの管に関する情報を得ることはできますが、直接的に検査ができ、必要により病気の部分から組織を採取して、病理検査をすることができるため、ERCPがこの領域の最終的な精密検査法として位置付けられています。

検査・診断の方法

膵管や胆管に石や悪性腫瘍(癌)があるかどうかを調べることができます。癌が疑われる場合には、病理検査を行うため胆管や膵管の組織を採取することができます。さらに詳しい評価のために、先端に超音波診断機器のついた細い管を胆管や膵管の中に入れて超音波による精密検査を行うこともできます。

治 療

ERCPは開発された当初は、胃のバリウム検査などと同様にレントゲン検査でした。しかし、ERCPの手法を応用することで、胆管や膵管の様々な病気の治療を行うことができ、内視鏡的手術が可能となりました。

胆管や膵管にできてしまう石(胆石・膵石)が見つかった場合、ERCPにより、除去を行うことができます。これらを開腹手術で行っていた時代に比べて、治療による死亡率は劇的に減少しました。ERCPによる内視鏡的手術は、内視鏡のみを使っておこなうので、皮膚に傷も残りませんし、手術後3時間で歩くことができる程、体に負担の少ない治療です。

胆管や膵管に狭窄がある場合、プラスティックや金属の管(「ステント」と呼びます)を胆管や膵管に挿入して、胆汁や膵液の流れを改善させることができます。胆管や膵管に感染が起きた場合、重篤になる可能性がありますが、これらのステントによる治療で、致命的になることはほとんどなくなりました。

金属ステント留置術
癌により胆管が狭窄してしまった場合、胆管から十二指腸への胆汁の流れが滞り、黄疸が生じます。さらに感染が併発した場合、とても重篤な病状となり、数日で致命的になることもある程です。  この黄疸に対する治療として、胆汁の流れを良くするために、金属でできた管(金属ステント)を内視鏡で胆管内に埋め込む治療が行われています。埋め込まれた金属ステントはバネの様に広がり、長い期間に渡って胆汁の良好な流れを保ちます。

しかし、時に癌がステントの網目から中に侵入して再び胆汁の流れが悪くなるという問題がありました。当科では金属ステントに膜を張ることで腫瘍の侵入を防ぎ、さらに長い期間に渡って胆汁の流れを保つことができることを世界で初めて報告致しました。

さらに金属ステントを良いものとするために、金属ステントの改良や新形状の金属ステントの開発に関する研究を行い、様々学会・学術論文でその成果を報告してきています。また、金属ステント留置術に関する技術の伝承に従事してきました。これらの功績により、金属ステントの領域では、日本のみならず、世界をリードする施設として評価を頂いております。
内視鏡による金属ステント留置術内視鏡による金属ステント留置術
(左図) 癌による胆管閉塞に対して行ったERCPの画像。矢印の様に十二指腸に近い胆管は糸状に細くなっています。
(右図) 金属ステントを留置し、胆管の太さを改善させています。この方の肝臓は生涯に渡り、健康な肝臓と同じ値を維持することができました。

当科の件数・治療成績

ERCPはその検査・治療の内容から、消化器における内視鏡の中では、高度の技術を要するとされています。当科では、約20人のERCP施行医が、年間約1000件の検査・治療を行っており、国内では例を見ない大規模施設となっております。治療の内訳でも、胆石の除去を約100件、金属ステント留置術を約50件と多くの方に施術させて頂いております。

ページの先頭へTOP