膵癌

膵臓は、胃の後ろにある、長さ20cmほどの横長の臓器です。膵臓癌は膵臓にできる悪性腫瘍のことで、90%以上が膵管から発生する膵管癌です。

症 状

症状

膵臓癌は、特徴的な症状がないことから早期発見が難しい癌のひとつです。初発症状は腹部違和感や食欲不振、体重減少といった、他の病気でも起こるような症状がほとんどです。また腫瘍により膵臓内を走行する胆管が詰まり、胆汁の流れがせき止められると、黄疸が生じることがあります。黄疸になると、尿が濃くなったり、白眼が黄色くなったり、皮膚のかゆみが出たりすることがあります。さらに糖尿病が新しく出たり、糖尿病のコントロールが悪くなることもあります。

原因・病態

膵臓は、血糖を下げるインスリンなどのホルモンを分泌する内分泌機能と、消化を助ける膵液を産生する外分泌機能を持っています。膵臓でつくられた膵液が膵管を通して、十二指腸へ流れることにより消化を助けますが、この膵管から発生する癌が、膵臓癌です。

現在のところ膵臓癌の原因ははっきりしていませんが、喫煙・膵嚢胞・糖尿病・慢性膵炎・膵臓癌の家族歴などが危険因子とされています。高危険群がはっきりしていないことも早期の診断が難しい原因の一つですので、このような危険因子を持っている方、特に膵嚢胞の方については、当科でも積極的に外来で精密検査を行い、膵臓癌の早期診断に努めています。

検査・診断の方法

検査方法

腹部超音波検査腹部超音波検査腹部CT検査腹部CT検査

膵臓癌が疑われた場合は、通常は腹部超音波検査や血液検査(CA19-9などの腫瘍マーカーやアミラーゼなどの膵酵素)を最初に調べます。腹部超音波検査は、体への負担がなく行われる検査ですが、膵臓の場所によっては見えにくいこともありますので、膵臓の腫瘍が見えなくても、膵管が太くなっていたり、膵嚢胞が見えたりした場合は、精密検査が必要です。腫瘍マーカーは、早期の膵臓癌では上昇していないことも多く、逆に高くても必ず癌があるわけでもないため、血液検査だけで癌の診断をすることは、現在のところは、まだできません。

これらの検査で異常を認めた場合は、CT検査やMRI検査を行います。CT検査では、より精密な検査を行うために、造影剤を注射して行う造影CT検査を行うことがすすめられます。CT検査は、X線で体の断層写真を撮影する検査で、膵臓癌の大きさ・広がりを診断することができます。MRI検査では、特にMRCP検査といって、膵管の画像を撮影する方法があり、膵管から発生する膵臓癌の診断に有用です。


内視鏡を用いた検査として、超音波内視鏡 (EUS)・内視鏡的逆行性胆管膵管造影 (ERCP)があります。EUSは内視鏡の先端に超音波機器が付いたもので、胃や十二指腸の中から膵臓を観察し、1cm未満の小さな腫瘍の診断も可能で、さらに細い針で腫瘍を刺して細胞を採取することも可能です。ERCPは、膵管に直接造影剤を入れて、膵管の微小な変化を評価したり、また黄疸がある方では胆汁の流れをよくするためにステントという管を胆管に入れることも可能です。
PET検査は、良性・悪性の診断が難しい場合に行われ、全身の転移の評価にも役立つと言われています。一方で、早期の癌では検査が陰性になることもあります。

病期の診断
上に述べたような種々の検査を行う目的は二つあります。まず膵臓癌であることを正確に診断することと、次に膵臓癌と診断された場合に病気の広がり(病期)を診断することです。病期は、癌そのものの広がりを示す”T”、リンパ節への転移を示す”N”、さらに他の臓器への遠隔転移を占めす”M”で分類されるTNM分類をもとに、病期が決まります。

「膵臓がん取扱い規約」では、
Ⅰ期:癌の大きさが2cm以下で、膵臓内に留まっている
Ⅱ期:癌が膵臓内に留まっているが大きさが2cm以上あるか、一群リンパ節への転移がある
Ⅲ期:癌が膵臓の外へ出ているがリンパ節への転移がないか、あっても一群リンパ節までに留まっている。または癌は膵臓内に留まっているが二群リンパ節まで転移している
Ⅳ期:癌が膵臓周辺の臓器にまで及んでいるか、あるいは更に離れた臓器にまで転移している場合。遠隔臓器まで転移しているものをⅣb、していないものをⅣaの二つに分類される。

治 療

病期によって、手術・化学放射線療法・全身化学療法を選択します。(図2) 病期Ⅰ~Ⅲ、あるいはⅣaであれば手術が第一選択です。手術の後には、再発を防ぐ目的で補助療法として、抗癌剤治療を行います。周囲の血管や臓器への浸潤(Ⅳa)、他の臓器への転移(Ⅳb)などで手術ができない場合は、抗癌剤による全身化学療法が行われます。他の臓器への転移がない場合は、放射線治療を組み合わせた化学放射線療法が行われることもあります。化学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン

当科の件数・治療成績

当科では、年間70~80人の膵臓癌の方の診断・治療を行っております。また抗がん剤による化学療法を積極的に行っており、年間40~50人の方に化学療法を導入しております。
 難治癌とされる膵臓癌の予後を少しでも良くするために、当科では、通常の治療に加えて、臨床試験を多く行っております。
また、膵臓癌の治療の難しいところは、膵臓が胆管や十二指腸などに近いことから、腫瘍の圧迫により胆管や十二指腸がつまってしまい、黄疸が出たり、食事が通らなくなったりすることがあり、ただ化学療法だけをやればいいのではなく、こういった合併する症状に対処する必要がある点です。現在では、お腹を開いて手術をすることなく、内視鏡を用いて、胆管や十二指腸にステントという管を入れることによって症状を緩和することができるようになっています。当科では以前から化学療法だけでなく、こういった内視鏡治療を積極的に行っておりますので、安心して治療を受けていただくことができます。

ページの先頭へTOP